冠婚葬祭の服をレンタルで借りるメリットについて

保管場所不要なのでクローゼットが狭くなりません

当日レンタルについて

冠婚葬祭と言うのは急に入る事が多い出来事だと思います。
ある程度、日数があってだと冠婚葬祭の服をレンタルするのは配送に余裕があるので良いのですが、当日レンタルだと配送の関係もあり服を自宅まで届けられない可能性もあります。
それにレンタルを行っている会社にとっても当日の冠婚葬祭の服の用意は大変難しいです。
急に入るのはお葬式が多いと思うので、そうなると喪服での出席が通常です。
黒ければ良いというわけではないので、喪服以外だとマナーが問われる事だと思いますし、自分の立場も変に見られてしまう事だと思います。
その場合は、知人に借りたりして場をしのぐか最悪の場合には購入する方が変な恰好で出席するよりも失礼に当たらないので良いと思います。

緊急の場合はどうするのか?

どうしても当日レンタルを希望してレンタルを行っている会社に無理を言う人も中にはいるそうです。
緊急の場合でどうしてもレンタルを希望している人に対して、稀にですが、社員さんが直接届けてくれる事もあります。
自宅が近いと自宅まで届けてくれたり、遠いと近い場所で待ち合わせをして冠婚葬祭の服を直接利用者に手渡しをしてくれるケースもあるようです。
前の記事でも紹介したと思いますが、購入する事が一番良いのですが、中には購入資金がない人もいるのでどうしてもレンタルを希望してくる事もあるのです。
その際には、人件費として少し上乗せしたレンタル金額が請求される事もあるので、きちんといくら位になるのかを確認しておくと良いかもしれません。